プレイ日記

【デジリン】現在のデータの欠片保有状況と今後の育成方針について

投稿日:8月 16, 2017 更新日:

Pocket

デジモンリンクスに関する記事になります。

デジリン関連の記事一覧はコチラ

スポンサーリンク

盆休みも遂に終わってしまいましたね。
私もつい昨日実家から家に舞い戻ってきたところです。

デジリンはというと、実家でもぽちぽちとやっていたのですが、
如何せんイベントがミレニアモンとキメラモン一色なので、
これらのデジモンを育成する気がない私としては育成に励むしかない

ただ、ここでちょっと思ったんですよね。

覚醒+4にしたいデジモンは手持ちのデータの欠片からは何体くらいいるのか?

なんとなく自分の頭の中にはそれらの情報はあるんですが、
一応このブログもプレイ日記として運営していますので、そういった情報は残しておこうかと思いまして。

記事にしておくことによって、自分の中の情報の整理にも繋がりますし(笑)

現在のデータの欠片保有状況


欠片0の究極体は非表示にする機能つけてくれないかな

さて、1枚の画像にまとめてはみたものの、わかりづらいので、
7枚以上集まっているデータの欠片のみリストアップしますね。

  • イーバモン:10
  • ウォーグレイモン:14
  • クズハモン:52
  • セラフィモン:21
  • デュークモン:13
  • ピエモン:21
  • プラチナヌメモン:15
  • メタルガルルモン:11

挙げだしてみると少ないものですね。
上記の中で、色をつけているデジモンは欠片の数が21枚以上のデジモンになります。
つまり覚醒+4に育成可能なデジモンということですね。

3体存在するわけですが、クズハモンは育成する気はありません
闇属性の単体固有技は確かに確保したい気もするのですが、
如何せんクズハモン自体のスペックが低いので扱いづらそうです。

ならなんで52枚もデータの欠片あるねん って話になりますが、
先月開催された"レアドロップ率上昇キャンペーン"の際に集めたからですね。
レアドロップ率上昇キャンペーンについてはコチラ

毎週末継続開催してくれて構わないんだけどなぁ…。次はいつくるのやら。

というわけで、クズハモンはあくまでパートナーデジモン or 覚醒+3までの進化ルートとして使用することを考えています。

以上を踏まえた上で考えると、今後育成していきたいデジモンは

  • ピエモン
  • セラフィモン

の2体ですね。

今後の育成方針

今後育成していきたいデジモンに関しては上記の通り、
ピエモンセラフィモンになります。

理由としては
ピエモン:強力な無属性単体固有持ちデジモン
セラフィモン:強力な光属性全体固有持ちデジモン

などが挙げられます。
ソロにしろマルチにしろ、1体は育成しておきたいところですね。
ブートチップが手元にないのが残念なところですが……まぁそのうちくるはずですので…。

さて、ではどのデジモンをこれらのデジモンへ育成していくのか…という話になります。

ピエモン


実はピエモンに関してはもう決めています。
以前、コチラの記事でも紹介させていただきましたが、
うちのファームには覚醒値+3のボルトモン(アグモン)が眠っているんです。

眠っているというかイベントによっては全然現役で活躍していますが。

彼の進化先をどうしようかと以前から迷っていたのですが、
今回ちょうどよくピエモンのデータの欠片を入手することができましたので…。
このままボルトモンを研究でアグモンに戻してピエモンにしてしまおうとおもいます!

これなら、ボルトモンを研究することによって不足する、
無属性単体固有の穴もすぐに埋めることができますので、何も問題ありませんね。
懸念すべき点があるとすれば、耐性変化がスムーズに行くことを祈るしかないことくらいです。

セラフィモン


問題はセラフィモンですね。
実はまだ何も決まっていません。どうしよう。

とりあえず育成元の成長期を決める際の基準としては

  1. チップ枠10
  2. LS持ち
  3. メダル持ち
  4. 継承技持ち
  5. 耐性変化しやすい成長期か否か

これらを考えた上で決めていきたいと思います。
基準のどれを優先するかという順に関しては番号通りになります。

このように考えている理由として、
チップ枠とLSに関しては後で取り返しがつかないことが挙げられます。
育成した後ではどうしようもないわけです。

逆に、メダルや継承技や耐性変化などは育成後でも問題なく変更可能です。

したがって、育成前の成長期を選定する段階では、
後々取り返しのつかないチップ枠とLSを重視する方が良いと考えています。

また、チップ枠とLSの優先順に関しては、
私個人としてはチップ枠を優先すべきかなと考えています。

なぜなら、LSはPT(3体)のうちリーダー(1体)のものしか発動しないのに対し、
チップ効果は3体とも発動するからです。

したがって、仮にLSがなかったとしても、リーダーとして起用しなければ何も問題はないと考えています。
逆にリーダー以外のサブであっても、装着チップ数は非常に重要だと思われるので、
そちらを重視した方が良いのではないかと思います。

さて。以上を踏まえた上でセラフィモンに育成できる成長期を今後決めて行かなければいけませんね。

まとめ

本日の記事では、私が保有しているデータの欠片について報告し、
それに基づいて今後育成して行きたいデジモンについてまとめました。

今後はひとまず、以前の記事でもお伝えした
オメガモン(オメガモン育成計画1)とピエモンの育成を進めて行きたいと思います!

スポンサーリンク

少しでも面白ければ"いいね!"をお願いします(*´ω`*)

少しでも面白ければ"いいね!"をお願いします(*´ω`*)

関連記事

-プレイ日記

Copyright© へなちょこゲーマー翔のスマホゲーム攻略記 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.